RUN FOR JOY

アクセスカウンタ

zoom RSS JCYサッカー選手権(U-18)大会 GL-2 京都サンガU-18 VS アルビレックス新潟ユース

<<   作成日時 : 2009/07/26 23:59   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


京都サンガU-18 4(1-0)0 アルビレックス新潟ユース
得点:35分久保、51分久保、60分久保、82分久永


初戦に負けて後が無いサンガ
とりあえず残り2戦連勝(プラス得失点差も稼ぐ)して
トーナメント進出へ望みを繋ぎたい

けど、初戦の試合を引きずってると厳しいなと思いながら
試合前の選手に声をかけようと待っていると昨日とは違う雰囲気
良い意味でピリピリした感じ
特にキャプテンの寛太にその想いを強く感じました

私達も鹿島戦後に自分達の存在意義だったり
近くは無いJヴィレッジまでなぜ来てるのかを自問自答しました
うぬぼれかもしれないけど、
うまくいってない時こそ私たちが居ることで少しでも選手の後押しになりたいし
選手達と気持ちが共有できるサポートをと思い試合に臨みました

新潟戦は先発メンバーに若干の変更があり
DFが田中→高橋
MFが原川→駒井、下畠→俊毅
ポイントは駒井が左SHに入り、俊毅がボランチに入ったこと

画像


この変更が良かったのか気持ちの入り方が良かったのか
キックオフ直後に伊藤が右サイドから持ち込みシュートを放ちサンガがペースを掴む

画像


右サイド伊藤、左サイド駒井、FW久保、トップ下山下が
ドリブル、パスを繰り返しながら新潟陣内に攻め込む
ボールを取られても寛太、俊毅のボランチ、国領、武田のSBがフォローに詰めて
新潟に攻撃をさせない

何度も決定的なチャンスを作るんだけど
オフサイドやGKのセーブで得点出来ない
こうなってくると少し嫌な雰囲気になりそうだけど何故か今日はそうならなかった
絶対に勝つという雰囲気(気持ち)が充満してた

画像


その気持ちが結実したのが35分
伊藤のCKを高橋がヘディングシュート、クロスバーに跳ね返った所を久保が押し込み先制

後半新潟も選手を交代して流れを変えようとするが
今日のサンガは流れを変えさせない
いつもなら相手に流れを渡す時間帯(前半終了間際や後半開始直後)もしっかりペースを掴む

画像


51分寛太のミドルシュートがバーに当たって跳ね返りゴール
(公式では久保になってるけど試合見てた知り合い全員に確認しても寛太と言ってた)

画像


今日の寛太は攻守にそしてキャプテンとして声でも大活躍
惚れ惚れするぐらいかっこよかったです

画像


60分には俊毅から山下へパス
ドリブルでGKを交わしてフリーの久保へ

画像


ロスタイムには沖のパスから途中出場の久永がドリブルで持ち込み4点目


今日は出場してた全員が素晴らしかった
普通どんな試合でも相手ペースになる時間帯があるものだけど
今日のサンガは80分間相手にペースを渡さなかった
中だるみや油断する事なく自分達の力を出し切れた

観戦してた神戸サポーターの方が試合後
「選手が伸びていく瞬間を見れるって楽しいよね」
と話してくれたんだけど

今日の試合は京都サンガU-18の選手たちが
一段階上がるきっかけになった試合かもしれない

それが本物かどうか?
3戦目仙台戦で真価が問われる

今日の試合を活かす為にも仙台戦は今日以上に出し切って欲しいと思います

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
JCYサッカー選手権(U-18)大会 GL-2 京都サンガU-18 VS アルビレックス新潟ユース RUN FOR JOY/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる