RUN FOR JOY

アクセスカウンタ

zoom RSS 関西学生リーグ1部 立命館大学VS京都産業大学

<<   作成日時 : 2009/10/20 22:54   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


立命大 2(2-0)1 京産大

10/17はトップもU-18、U-15も公式戦無しということで
ビッグレイクで行われた関西学生リーグ、立命館大学VS京都産業大学を観戦してきました
立命大には去年のU-18出身者全員と一昨年卒業の雨森が在籍
京産大には一昨年のキャプテン高木が在籍

現在の順位は立命大が3位、京産大が11位と対照的
サンガU-18出身者は立命大は日高、岡本がベンチ入り
京産大は風人がベンチ入り
両大学ともサンガU-18出身者が在籍してるので中立な目で観戦

試合開始1分にいきなり立命大がPA内の混戦を押し込み先制
その後も立命大ペースで進み15分またPA内の混戦から追加点
京産大は立ち上がりに失点したせいで浮き足立ったか
前半途中まで守備陣の集中が欠ける場面が多かった印象

立命大は2点リードした余裕から守備を固めてカウンターに切り替える
1年生FW坂本をスペースに走らせ何度かチャンスを作るも決めきれず前半終了

前半終了後から怪しかった雲行きが崩れてくる
後半開始時にはピッチに水溜りが出来るほどの豪雨に
傘をさすのも辛い状況になり車に避難して観戦
その為、後半20分ほどまではあまり試合を見れず
幸いその後は雨が小止みになり観戦

京産大も後半は右サイドを基点に攻撃を仕掛けてくる
PA内の混戦からこぼれたボールをミドルシュートでネットを揺らすもオフサイドの判定

そうこうしてる内に立命大ベンチに動きが
日高のアップペースが速くなってくる
77分日高がピッチへ
左サイドハーフの位置に入る

画像


2点リードしてるので攻撃よりも守備に比重を置く状況で
日高本来のスピード、ドリブルを見せる場面は少なかったけど
それなりにチームが求めるプレーは出来てたかなと思う

途中交代は難しいだろうけど、どんな状況でもチームの求めるプレー
そして自分の持ち味を出すプレーを心がけてチームの信頼をつかめれば
スタメン出場する日も遠くないと思います

試合はこのまま終わるかなと見てると
京産大が82分にFKからのセットプレイを決めて1点差へ
俄然試合がヒートアップする
攻める京産大、守る立命大
京産大も惜しい場面は作るも立命大も必死に守りタイムアップ
2-1で立命大が勝利しました

試合後、サンガU-18O.Bを捕まえて現況を聞いてみる

画像


まずは雨森と吉留
二人とも8月末に足を怪我して現在はBチーム
やっと怪我も直ったのでこれから巻き返してAチームに復帰しますとの事
アメは春まではSBだったけど現在はSHで練習

画像


今日はベンチだった風人
前日まではCBでスタメン組みだったけど、当日急に・・・
結構そういう事があるらしいです
春先はボランチで出場してたけど秋はCBで頑張ってます
現在、京産大は降格順位だけど自分たちが頑張って順位を上げたい
来年はメンツ的に上位狙えるので何とか1部に残りたいとの事

あとサンガU-18O.Bや現在のサンガU-18メンバーとも連絡取り合ってるようで
他のO.B達の現況も聞くことが出来ました
いつもサンガU-18の事を気にかけてくれてて、さすが「キャプテン」って感じました

他の選手たちも話したり元気にやってる姿を見る事が出来
自分自身元気が貰えた1日でした

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
関西学生リーグ1部 立命館大学VS京都産業大学 RUN FOR JOY/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる