RUN FOR JOY

アクセスカウンタ

zoom RSS 2009 Jユースサンスタートニックカップ アビスパ福岡U-18 VS 京都サンガU-18

<<   作成日時 : 2009/10/25 17:39   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

アビスパ福岡 0(0-0)1 京都サンガ
得点:高橋

Jユースカップ2戦目はアウェーで福岡と対戦
会場の雁ノ巣は福岡のスポーツ中心地って感じ
ソフトバンクホークス、アビスパ福岡の練習場があり
アマチュアの為の野球場、テニスコート、フットサル場…etc
都会でありながら広い土地もある福岡だから出来る施設かなぁと思いました

サンガの選手達は前日入り
昨夜は監督と一緒にラーメンを食べに行って鋭気養ったらしく
イイ意味でリラックスしてる印象
夏以降チームが目標に向けて団結してるのが試合を見たり、話してても感じれます

スタメンは岐阜戦と同じメンバー
SUBは伊藤が久高に代わり入る

試合開始から両サイド久永、駒井を中心に攻め込むサンガ
ドリブルでサイドをえぐり何度もチャンスを作る
前半だけでも3回は決定機あったけどシュート精度に欠け無得点
崩すまではイイのに最後決めれないとどうなるかは三ッ沢でのセレッソ戦で判ってるはず
「シュート精度を上げる」
この事がどれだけ難しいかは10年近くJリーグ見て判るけど
これから上で戦っていく為にもシュート精度を追求していって欲しいです

対する福岡はFWの10番を前に残してカウンターを徹底
前半は決定的場面はなかったけど縦への速さは嫌なものを感じて前半終了

後半開始から前半の勢いのまま攻めるサンガ
久永がDFをドリブルで振り切りシュートを打つもバーに当たる不運
やってるサッカーは間違いないと信じて攻め続けた63分

画像

右CKからのシュートをキーパーが弾くも詰めていた高橋が頭で押し込む
攻めても入らない状態に嫌な雰囲気が漂い始めた時間帯だっただけに値千金のゴールでした

その後も追加点を取ろうと積極的に行くも時間がたつにつれ福岡のカウンターが鋭くなってくる
球際での競り合いも激しくなり垣根が痛む場面も
残り10分からは福岡が攻め込む場面が多くなる
危ない場面もあったけど全員一丸となり身体をはり守る
こういう時に最近思うのは全員から本当に声が出てる
春のプリンスリーグでは一部しか声が出ずに不満を感じたけど今はそういう面で不満に思う事は皆無かも

その声が皆のあと一歩が出るようになり球際で勝てたり有利に運べてる原動力になってると思う

最後まで集中して守りきり1-0で終了
難敵アビスパ福岡から貴重な勝ち点3を掴む事が出来ました

岐阜戦同様この試合で良かった点、改善点を洗い出して日々の練習に取り組んでいって欲しいと思います


場所が福岡だった事もあり山口から久永や久保の応援にたくさんの人が来場
特に久保は小学生時代に所属してたFC山口の選手達が応援
試合後も撮影会になったりして微笑ましい風景でした
久保は戸惑ってたけど将来プロ目指すならそういう対応も必要だし
なにより後輩が憧れる先輩って素敵だと思う
そんな想いを重荷じゃなく力にする選手になって欲しいなぁと彼等を見ながら思いました


来週はいよいよサンガタウンでの3連戦
10/31 岐阜、11/3 福岡、11/8 名古屋
3連勝してグループリーグ突破決めたいと思います

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2009 Jユースサンスタートニックカップ アビスパ福岡U-18 VS 京都サンガU-18 RUN FOR JOY/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる