RUN FOR JOY

アクセスカウンタ

zoom RSS JCYサッカー選手権(U-15)関西大会予選敗者復活トーナメント2回戦 京都サンガvs千里丘FC

<<   作成日時 : 2010/06/27 22:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


サンガ 1(0-1)1 千里丘
得点:杉田
PK:
サンガ 2×○○×
千里丘 4○○○○

連日の敗者復活トーナメント
今日は昨日と打って変わって日差しが強く蒸し暑い
観戦のみの私でさえしんどいコンディション
試合をする選手は厳しい環境だったと思います

相手の千里丘FCとの公式戦での対戦は私が見るようになってからは初めてかな?
とにかく私にとっての千里丘FCの印象は「Jクラブキラー」
今までもセレッソやガンバが関西予選でやられてる試合を見てるだけに嫌な相手
監督は「ある種」熱いし、選手もフィジカル+技術を持ってる
U-18での強豪高校チームと同様の香りがするクラブ

そういうクラブなので気持ちで引かず、最初から押し込むプレイを見せて欲しかったんだけど
連戦の影響からか選手の動きが鈍い
もっとボールを動かして、人も動かすサッカーを理想としてるはずだけど
自分のポジションからあまり動かずボールだけ動かしてるので攻めが相手に読まれてる
単純な攻撃になる

相手FKになった20分手前で給水タイム
この給水タイム明けのセットプレイで千里丘9に頭で押し込まれる
集中を欠いてたとは言いたくないけどフリーでシュートを打たれたって事は・・・
もったいない失点でした
この後、押し込もうとするも攻め方はそれほど変わらず前半終了

後半はもっと強気に
しんどい時こそ、気持ちを出していって欲しいと思いながら開始
後半からは千里丘がブロックを作りゴール前を固めてくる
その為、サンガがポゼッションでは圧倒するもサイドに追いやられる
真ん中にボールを入れようとすると人数をかけて跳ね返される

サンガもフレッシュな選手や個人で打開出来る選手を投入して攻めるも時間だけが過ぎていく
35分ハーフなので観戦してる私も時間ばかりが気になってくる
残り5分近くになり本当に焦ってくる状況だったけど
途中出場の7杉田がやってくれた
サイドでキープして作ってた何度目かのCK
右サイドからのCKをタイミングを合わせファーからどんぴしゃヘッドで押し込む

画像


我慢して自分達の攻撃をやり続けて取った、みんなのゴールだと思いました
その後、残り5分
お互いチャンスを作るもゴールを割ることは出来ずにPK戦へ
残念ながらPK戦で勝ちあがる事は出来なかったけど・・・

U-15の選手達は最後まで諦めず闘いきったと思います
試合後、最後に挨拶に来てくれたけど
みんなの気持ちはこの大会を通じて、とても伝わってきました
私が観戦した中でもセレッソ戦、千里丘戦と悔しい思いをする事もあったけど
この短期間でもみんな成長出来たと思う
この悔しさを忘れずに冬の高円宮杯を目指していって欲しいと思います

そして来週は7位決定戦がある
7位になればJヴィレッジでのデヴェロップ大会に出場できる
全国大会とは違うけど、やっぱり夏のJヴィレッジで試合をする経験は今後に生きると思うし
関西大会を最後まで闘いきってJヴィレッジへ行って欲しいと思います

頑張れ京都サンガF.C. U-15!
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
JCYサッカー選手権(U-15)関西大会予選敗者復活トーナメント2回戦 京都サンガvs千里丘FC RUN FOR JOY/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる