RUN FOR JOY

アクセスカウンタ

zoom RSS 2010Jリーグdivision1-15 京都サンガF.C. VS 浦和レッズ

<<   作成日時 : 2010/07/28 23:59   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


京都サンガ 0(0-0)4 浦和レッズ

Jヴィレッジでの試合後、某老舗団体サポーターと、慰労会という名の飲み会をいわきで開催

お互い決勝トーナメント進出見越して火曜、水曜と有給休暇確保してたので
水曜は関西代表のガンバを応援がてらベスト16を見ようかと話してたところ
「加藤久監督解任、明日の浦和戦は秋田監督代行」というニュースが流れる
これは何をおいても生観戦しないとという事で予定を急遽変更
チケットを確保して水曜午前中にいわきを出て西京極へ

画像


場内では新生サンガを鼓舞しようと団長、パーサと一緒に京都サンガコール

画像


場外ではファンクラブ会員対象のふれあい握手会
今回仲間が整理券貰ったので初めて参加してみました
このゲーフラが試合後に・・・

試合1時間前はいつものまったり西京極でしたが試合開始直前には
いつもとは違う張り詰めた空気に

前半はサイドを好き放題やられながらも最後の一線は守ってたのですが
後半クリアミスから失点するとプロとして考えられないミスから自滅気味に失点を重ねる

画像


終わってみれば0-4の完敗

画像


いつも予想の斜め上をいくサンガと判ってても監督交代初戦でこの結果、内容に怒り爆発
団長指揮の下?、社長に説明を求めスタジアム篭城
時間にして40分ほど待って社長が登場、説明会&質問会へ

画像


私は選手の表情が見たくてバスが見える場所へ
サッサとバスに乗り込む選手、社長が話してるのをじっと見てる選手
悔しさをかみ殺しながら歩く選手、さまざまでした

画像


話し合いはクラブ、サポーターが一致団結してJ1残留しようという事で散会
私は場所を離れてたので結論しか聞けなくて翌日の公式HPで内容把握しました
サポーターの皆様へ
色々説明してたようだけど私は
「このような結果になった謝罪」と「団結して一緒に頑張りましょう」という言葉だけで良かったと思う
あと説明の中で「育成には時間がかかる」云々とあるけど
育成をトップが結果が出ない時の逃げの言葉として使ってるとしたら
サンガの未来は暗いと感じました


最後に加藤久前監督へ
09年後半からのサッカーは閉塞感がありすぎて私は嫌いだったけど
J1残留するためには仕方ないと割り切れたし、2年連続J1残留出来たのは紛れもなく功績だと思う

08年に寄稿された『The Grand Story』には感動したし、下部組織を見てるものとして勇気を貰いました

今までの監督の中では一番下部組織を見てたと思うし
外部で結果を出した方を招聘してチーム内の活性化を図り、結果も出してたと思う
だからこそ、自分が連れてきた人を信用して任せて欲しかった
イエスマンだけでは無く、意見する人を大切にして欲しかったです

とにかく、賽は投げられた
一致団結してJ1残留に向けて邁進して欲しいと思います

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2010Jリーグdivision1-15 京都サンガF.C. VS 浦和レッズ  RUN FOR JOY/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる