RUN FOR JOY

アクセスカウンタ

zoom RSS 高円宮杯全日本ユース(U-15)決勝トーナメント1回戦 京都サンガU-15vsセレソン都城FC

<<   作成日時 : 2010/12/19 11:59   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

サンガ 3(1-0)0 都城
得点:オリビエ、奥川、樋口

今日は9時から堺でU-15、14時から長居でU-18が全国大会出場
どちらかの時間がずれてると重なったりして梯子無理だけど今回はちょうど良い間隔
(堺−長居は車なら30分あれば余裕で移動可能)
7時前に出発していざ堺NTCへ

今年のU-15は今日で5試合目の観戦。
前回は11/14の高円宮杯関西予選決勝 vs神戸FC
攻め込むも決定機を外し、後半開始に先制される厳しい展開。
ラストチャンスのFKを谷がヘッドで決めて追いつきPK戦へ。
上田智輝が3つ止めて勝利、優勝した試合以来。

その前にもキャプテンの清水と西京極へ行く際に偶然会って話したり、
スタジアム署名で借り出されてたU-15メンバーと話すことがあったりして気になる存在。

清水君と話す機会があったときに
マンチェスターで同世代の海外選手と試合することで得た経験
クラブユース関西予選で本選出場逃したことや
Jヴィレッジでのデペロップカップで無敗ながら予選敗退した悔しさ
この冬の高円宮杯への意気込みを聞いてたので

まずは完全燃焼、そして国立を目指す戦いというのは観ておきたかった。

試合は開始早々都城DFの裏を取ったオリビエがシュート、GKのこぼれ玉を冷静に流し込み先制
幸先の良いスタート
前半はずっと相手陣内で攻め危なげない展開も追加点は決めることが出来ず前半終了。

後半も最初の10分ほどはチャンスを作るも相手GKのセーブで止められると徐々に都城ペース。
途中でスルーパスを受けた都城FWがGKと1vs1のピンチを招くもGK上田が冷静に相手の動きを見てシュートを弾く
ビッグプレイ。
反対側のゴールだったけど、距離が離れていても上田の冷静さがわかるプレイでした。

相手に傾いた流れを防いだことで徐々にサンガペースへ
66分清水からのパスを受けたオリビエが右サイドをドリブル、マイナスのパスを奥川がダイレクトシュートで欲しかった追加点を決める
これで余裕が持てたサンガ
最後は樋口が流れるようなパスの受け方シュートの入り方でミドルシュートを決めて3点目

2-0になるまでは苦しんだけどまずは初戦突破を果たすことが出来ました。

個人的に思ってることは今年のU-15は去年クラブユース準優勝したチームと比較しても遜色無いと思う
それでも夏結果が出なかったのは勝負への執着だったり、気持ちの部分だと思う

2回戦は23日11時から堺NTCで東京ヴェルディジュニアユースと対戦
強敵だけど自分達を信じてプレイすればきっと結果も内容もついてくると私は信じてます
3年生はこの大会が終われば卒団
最後笑って終われるように完全燃焼してほしいと思います

2回戦はU-18と被るので観戦出来ないけど
ベスト8は名古屋遠征する予定で居てるので。
長居に吉報が訪れることを願ってます。
頑張れ京都サンガF.C. U-15!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
高円宮杯全日本ユース(U-15)決勝トーナメント1回戦 京都サンガU-15vsセレソン都城FC RUN FOR JOY/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる