RUN FOR JOY

アクセスカウンタ

zoom RSS 高円宮杯U15決勝 京都サンガVS名古屋グランパス

<<   作成日時 : 2010/12/29 21:30   >>

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0



サンガ0(0-0)2名古屋

19日から始まった高円宮杯U15
サンガはセレソン都城、東京ヴェルディ、宇治FC、横浜FM追浜を破り決勝進出。
組み合わせ見た時にヴェルディに勝てば準決勝まではと思ったけど、見事国立まで来てくれた。

国立競技場でサッカーが出来る選手はそういない。しかも中学生なら尚更。それだけに選手にはやり切って欲しかったし、私もそれをサポートしたかった。

国立には結構な数のサンガサポーターが集結。声だしてくれた人は20人は居たかな。保護者の方含めると50人ぐらいのサンガ応援団として応援できた。
ホントにありがとうございました。

試合は最初の10分はお互い様子見で静かな展開。サンガはオリビエを走らせ裏を取りに行く。
名古屋は中盤で繋ぎサイドを使って攻めてくる。
やがて名古屋に中盤を支配されだして名古屋ペースに。危ない場面が続くもDFの松川、平山、石岡、林、GK上田の頑張りで持ちこたえる。
特にGK上田は出色の出来。何度もスーパーセーブを見せる。上田のお陰で3点は防いだんじゃないかな。
攻撃はなかなかシュートまで行けなかったけどセットプレイでチャンスを作る。フィジカルでは勝ててたのでもっとセットプレイのチャンスがあれば…。

前半は0-0で終了。
チャンスとピンチの数考えたら前半スコアレスは御の字。
ただこのままだといつかやられると思った前半でもありました。
後半はお互い変更無し。
受け身にならずに積極的にと思ったけどいきなりやられる。反対側ゴールで逆行だったのでよくわからなかったけど2回ぐらい左右にふられてコースが開いた所を決められる。
けどまだ時間はある。自分達のサッカーをやり続ければ。
しかし得点しても名古屋は引かずに積極的にくる。その為、中盤でボールを散らして、サイド、前を走らせるサッカーが出来ない。選手を入れ替え、個人技で勝負していくけど散発でしかチャンスを作れない、シュートまでいけない。
最後CKでチャンス作るけど決めれず、ロスタイムにカウンターをくらい失点。
サンガ0-2名古屋

試合的には完敗でした。
名古屋のほうが一枚上手だったかな。
都城戦でも書いたけど、春、夏の悔しさや高円宮杯への想いを聞いてただけに勝たせてあげたかった。
選手達は優勝する為に国立に来てたから悔しかったと思う。
でも準決勝までの試合は本当に素晴らしかったし頼もしかった。
春の関西大会では実力があるのに勝負処で勝てず見てる私達も歯痒い思いが募ったけど
秋の関西予選、決勝トーナメントと勝負処できっちり自分達のサッカーをして勝ちあがっていけた。

それはやっぱり団結力や気持ちなんだと思う。
Jクラブの下部組織だから技術を磨くのは当然だけど高いレベルになればなる程、気持ちが大切になっていくんだと私は思う。

準決勝までの喜び、決勝の悔しさを忘れずに今後のサッカー人生にいかして欲しい。

3年生は卒団。
U18に昇格する人、高校でサッカーする人、別の道歩む人、いろいろだろうけどサンガU15に在籍した事を誇りに思って欲しい。お疲れ様でした。
そして、国立まで連れてきてくれて本当にありがとう。
2年生、1年生は2年連続準優勝だった先輩の無念を来年こそ晴らして欲しい。
来年は夏のJヴィレッジスタジアムでも冬の国立競技場でもサンガの旗を掲げる。
それぐらいの気持ちで闘って欲しいと思います。





この試合をもって今年のサンガ公式戦は終了。
トップはJ2降格。
U18はJユース3位、トップ昇格4名。
U15は高円宮杯準優勝。
という結果になりました。

下部組織を観てる者としては今年は良い部類に入るのかもしれないけどそれはトップチームがそれなりの結果を残してこそ。
いくら下部組織が強くてもトップチームが弱ければ意味が無いし、トップチームが弱ければ下部組織にも良い人材は入って来ない。

クラブは今年になって、殊更『育成型クラブ』という言葉をお題目のように言い始めた。
育成型クラブ。
良い響きです。
でも言葉だけで魂が入ってなければ無意味です。

京都サンガFCは4回降格しました。降格する時は生まれ変わるチャンスでもあるけど4回降格したっていう事は3回チャンスを無駄にしたという事。

これが4回目。
仏の顔も三度なのに、まだチャンスがある。
これで生まれ変わらなければ…

結果は勝負の世界だし仕方無い部分もある。
だから私はクラブに信念を求めたい。
『育成型クラブ』というならトップもU18もU15も同じ方向を向いてるサッカーを構築していって欲しい。

バルサでもアヤックスでもいい。
サンガはトップチームも下部組織も同じサッカーしてるね。
というものを作って欲しい。そうすればきっと明るい未来が開けると信じてます。
育成型クラブとはどういうものなのか。社長以下クラブの人は聞かれた時にはっきり信念持って答えられるものを持ってて欲しい。
トップチームのスケープゴートとして使っただけならすぐにメッキは剥がれる。
サポーターは見てますからね。


最後に一緒に応援してくれた皆様ありがとうございました。皆さんのお陰で選手に気持ち届けれたと思います。

来年は応援どうするか…
正直わかりません。
まだ声だし応援してるかもしれないし
幕だけだしてマッタリ観てるかもしれないし
仕事関係で見に行く事が厳しいかもしれない

とりあえず決めてる事は自分のペースでやっていきます

それでは皆さん良いお年をお迎え下さい

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
高円宮杯U15決勝 京都サンガVS名古屋グランパス RUN FOR JOY/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる